• (08) 3821 0375

アクセス状況

  • 総アクセス数:  
  • 現在の閲覧者:  

海外の展示会で販促活動するために輸出される商品のVAT算定に関する 2017年11月6日付ハノイ税務局発行オフィシャルレター71452/CT-TTHT 号

火曜日, 26/12/2017, 15:22 GMT+7
閲覧数: 309

発行オフィシャルレター71452/CT-TTHT 号

本通達の第16、17条に基づき、税関による承認を得られた一方で、詳細な手続きが実施されず、
関連書類がない場合、その輸出品に対して売上VATは計上出来ず、仕入VATも控除出来ない。

 

 

 

 

税率0%の適用条件に関する2013年12月3日付財務省発行通達219/2013/TT-BTC 号第9条1項には、以下の場合は、規定により輸出とみなされると記載されている。

+輸出品(海外の展示会における売却)

また第9条2項には、以下の通り税率0%の具体的適用条件が記載されている。

 “a, 輸出品について 

...

+銀行で振り込んだことを示す証憑及び規定に基づくその他証憑がある。

そして輸出品の仕入VAT控除、還付の条件が記載された第17条4項によると、

本通達の第16、17条に基づき、税関による承認を得られた一方で、詳細な手続きが実施されず、
関連書類がない場合、その輸出品に対して売上VATは計上出来ず、仕入VATも控除出来ない。

よって、

企業が展示会での販促活動を目的に海外へ商品を輸出した後、無償贈与へ変更となりベトナムに再輸入しない場合、変更になった時点で規定に基づくコマーシャルインボイスを使用しなければならない。

無償贈与となった場合には、銀行で振り込んだことを示す証憑がないため、税率0%を適用できない。また税関による承認を得られても、無償贈与であるために当該商品に対して売上VATは計上出来ず、仕入VATも控除出来ない。




日付による制限 :    
maillist