• (08) 3821 0375

アクセス状況

  • 総アクセス数:  
  • 現在の閲覧者:  

強制保険料の計算対象外となる手当について

火曜日, 26/12/2017, 15:16 GMT+7
閲覧数: 389

強制保険料の計算対象外となる手当について

社会保険法に関する通達59/2015/TT-BLDTBXH 号第30条に基づき、2018年1月1日より通達47/2015/TT-BLDTBXH 号第4条第3項における強制保険料の計算対象項目に関して、以下文言が追加された。

 

 

 

 

社会保険法に関する通達59/2015/TT-BLDTBXH 号第30条に基づき、2018年1月1日より通達47/2015/TT-BLDTBXH 号第4条第3項における強制保険料の計算対象項目に関して、以下文言が追加された。

a) 追加手当を労働契約書に記載した上で、都度支払いを行う。

但し、以下14項目は強制保険料の計算対象外である。(現在だけでなく、2018年1月1日以降も対象外である)。支給目的に合致する場合、手当として設定することが出来る。

1. 労働法第103案(2012年)に基づく賞与

2. 技術革新への貢献に対する賞与

3. 勤務期間中の食費・食事手当

4. ガソリン代

5. 電話代

6. 交通費

7. ベビーシッター費用支給

8. 家賃手当

9. 子供の教育費に関する手当

10. 弔慰金(労働者の親族)

11. 結婚祝い金(労働者の親族)

12. 労働者の誕生日手当

13. 労働者が労働災害または職業病で労働困難となった場合の手当

14. 政令05/2015/ND-CP号第4条第11項に基づき、労働契約書とは別途、規定されるその他手当

留意点: 手当の名目と実際の支給目的が異なってはならない。(違反行為がある場合、2015年刑法第216条(2017年に改正された)に基づき処罰される。)

 




日付による制限 :    
maillist